映画、みたの

2015年9月 9日 (水)

ごぶさたです。ted観たです。

20150908_005210


約一年ほどごぶさたしていました。
生きてます。

けっこう元気。
まあまあいい子。

最近は『ted』のDVD観ました。

ted。凄いね。

何が凄いって、
「tedが何でできてるのか」をまったく考えずに鑑賞終了したことが凄いです。

あまりにもナチュラルに、ぬいぐるみが動いて喋ってました。
「CG感」なし、「特撮感」なし。

とくにグッと来るのは、tedが動く時にきちんと「しわ」がよるあたり。
そうそう、ぬいぐるみだもんなー、しわもよるよなあと。

喧嘩アクションシーンも良かったです。
真面目にやればやるほど笑えた。

アメリカの文化を知っていたらもっと楽しめたんだろう。
そこがちょっと悔しいところです。

『あまちゃん』における「ジョジョ立ち」や「橋幸夫」「あまーソニック」と同じで、
「わかるやつだけわかればいい!」ネタが結構多いですよね、ted。
全部わかって笑える人が羨ましい。

あ、脚本や編集には結構ザツなところがあるなあーと思いました。

喧嘩のシーンでは窓の外でどしゃぶりの雨が降ってるのに、
すぐ次のシーンが野外コンサート(雨降ってない)だったりね。

メイキングを見たところ、
どうやら彼女とライバルのデートシーンがもうひとつ別に撮られていて、そこをバッサリとカットしてしまった様子でした。

カットしたシーンを見ると、
同僚達をめぐる群像劇は全部バッサリカットしてしまったようだし。
同僚役達の人、ちょっとかわいそう。

でも「tedとぼく」というテーマに集中させたこと、
その分「tedのシモネタ」を増やした方針は、

正しい。正しいよたぶん。かっぱはきらいじゃないよ。

ところでテレビでは「ted」の全年齢バージョンが放映されたらしいですね。(観てない)
これ、どこをどうカットしたら放映できるのでしょう。

「シモネタの無いted」なんて
「カツの乗ってないカツカレー」みたいなもんだと思うんのだけど。
カレーがあるからいいのか?本当か?それでいいのか?

また比喩にカツカレーを使ってしまいました。
あまりしっくり来ないので、
だれか「シモネタの無いted」をあらわすお料理を考えてください。

ではまた。


その他のカテゴリー